人を見つめる 墨の旅


りすん麗 制作モロモロ
by moutheau
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月29日

うまく行かずイラつく。
まりちゃんの服のマチエールが気に入らない。

帰りの電車眠すぎで膝かっくんする。
e0075621_1101930.jpg

[PR]
by moutheau | 2007-04-30 01:10 | 制作風景

4月28日

最近一分もなまけていないのに
アトリエに行く時間が遅い。

バイトの後人と会う用をこなし
アトリエに行くと八時過ぎとかになってしまう。
しかし反対に言えば集中して課題をこなしているので
問題ないか。。。
何人か長くなりそうな電話をとらない。

4月27日済ませなきゃならない用が終らず、アトリエに行けず。
4月28日Hさんの引越しの手伝い。
(の前に作業するが、全然進まず、最後に気に入らず消す。今日一日のe0075621_12121265.jpg意味がなくあせる)

終電で帰る生活をやめるか迷う。何となく体力が続かず頭痛の日が増える。
結果だけ見ると
四月中にまりちゃんの肌だけ終らせるって話だけどできるか不安。
今日にかけるしかない。あー頭いたい。いつから頭痛持ちになったか不明。

Maroon5のアルバムを買うか迷う。
家ではインターネット上で聞けるがアトリエでは無理だなーと思う。
Corbinからもらった誕生日プレゼントのMチケット早くも使うか。。。
[PR]
by moutheau | 2007-04-29 12:16 | 制作風景

4月24日

バイト後

アトリエで
作品の中の女の子の服のマチエールを試す下準備をする。

顔が思ったよりうまくいかず、
本作用の女の子の方は色み消して
可愛いモデルの形を紙にとる。
これそのまま色写せたらキャンバスに入ることにする。

決まった事。
1.ジェッソM→ジェッソL
顔の部分はべた塗り。マチエールが殆どないようにする。


これから決める事
1.服(もこもこさせるか??)
2.足元の影。
3.色味
[PR]
by moutheau | 2007-04-25 10:32 | 制作風景

最近どきっとした言葉

 ほかの人の愛と祈り邪魔してはいけません。自分は愛し方や祈り方を知っているという考えを落としましょう。人がどのように愛し、どのように祈っていても、その人にとってはそれは完全なのだと、ほかの人びとをただ尊敬することです。


 モーゼはあるとき祈っている人に出会った。だが、その人がばかげた祈りを唱えていたので、モーゼは立ち止まった。しかも、ばかげているだけでなく、その祈りは神を侮辱もしていた! その人はこう言っていた。「神さま、もっと近くに寄らせてください。そうしていただければ、あなたの身体が汚れているときには洗ってさしあげましょう、それをお約束します。もし、しらみがいたら取ってさしあげましょう。それに、私は腕のいい靴屋なのです。あなたに完璧な靴をお作りしましょう。神さま、あなたを世話してくれる人は誰もいないのでしょう……私があなたの世話をいたします! もしあなたが病気になられたら、あなたの看病をして、薬をおもちしましょう。それに、私はすばらしい料理人でもあるのです!」
 モーゼは叫んだ。「やめなさい! そんなナンセンスはやめなさい! いったいなにを言っている? 神の身体にしらみがいるだって? しかも、彼の服がよごれているからお前がそれを洗うだって? しかも、お前が彼の料理人になる? いったいどこでこの祈りを習ったのだ?」 その男は言った。「どこでも習いませんでした。私はとても貧しくて、しかも教育を受けていない人間です。それに、私は自分が祈り方を知らないのをよく知っています。自分で編みだしたのです……こうしたことが私の知っていることなのですから。しらみは私をとても悩ませます。ですから、神をも悩ますにちがいありません。それに、私が得る食事はときにはあまり上等なものではなく、胃が痛みます。神もときどき苦しむことがあるにちがいありません。これは私自身の体験です。それが祈りになりました。でも、もしあなたが正しい祈りをご存知なら、どうか教えてください」
 そこでモーゼは正しい祈りを彼に教えた。その男はモーゼにひざまづき、彼に感謝した。その目には深い感謝の涙が流れていた。彼は去り、モーゼはとても幸せだった。善い行いをしたと思った。このことを神がどう思ったか知ろうとして、彼は空を見上げた。
 ところが、神は非常に怒っていた! 神は言った。「私は、人びとをわたしのもとにもっと近づけるためにお前をそこに送ったのだ。だが、お前はいま、私の最も素晴らしい恋人たちのひとりを放り出した。よいか、お前が彼に教えたこの『正しい祈り方』は、まるで祈りではない――祈りは法とはなんのかかわりもないからだ。それは愛だ。愛そのものが法だ。ほかの法は必要ない」
 そして、愛とともに恩恵が起こる。そして、愛とともに真理が――。
 覚えておきなさい。もしあなたに真理を理解することができたら、真理は解放する。そして、それよりほかに解放はない。
[PR]
by moutheau | 2007-04-24 02:01 | メモ

最近

自分が素直ではない事に最近気付く。
30年間素直ではなかったから
素直が何か分からない。

日記をつけることに
そこに嘘なしで
格好つけず、全部書く。
[PR]
by moutheau | 2007-04-12 11:52 | 制作風景

誕生日

e0075621_1117449.jpg
誕生日だった、
誕生日だった。

花見をした。

30になった私は
いつもとあまり変わりなく
素直にはなれず
いつもの様に知的ではない。

周りに支えられ私は生かされてる。
みんなに本当に感謝している。
[PR]
by moutheau | 2007-04-12 11:12 | 制作風景

メモ帳

最新のトラックバック

人を信じるということ
from 地球人スピリット・ジャーナル
☆もう一人の自分☆
from 生日記
迷惑トラバでお困りの方へ
from Blog技術委員会
新サービス!迷惑トラバを..
from トラックバックセンター

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧