人を見つめる 墨の旅


りすん麗 制作モロモロ
by moutheau
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ださい

おたまじゃくしの絵を描き
K氏に色変換してもらう。

自分の絵のダサさに
びっくりした。
怖い話なみだった。
つぎ、いい絵描けそう。
[PR]
by moutheau | 2007-03-29 10:56 | 制作風景

撮影

今日96yuri邸にて撮影。
明日はバイトがないので集中して描く予定。
早く起きてプリントアウトせねば。

また96yuriに感謝。
いつも助けてもらってる。
[PR]
by moutheau | 2007-03-20 03:28 | 制作風景

そうして

今日からmixiとブログを切り離す。

一日の作業を素直に書く事にする。



バイト中いらいらして休憩時間にヨロQに相談する。

夜会うことにし、
ヨロが綺麗なので何枚かデジカメ撮る。
みんQから電話が来てでれでれしているヨロも撮る。参考までに。
いい案が浮かびメモする。

帰ったらK氏よりメールが着ていた。
今から描く絵へのアドバイス。
現状、おぼろげに決まってるけど詳細まで実は決まってない。
K氏も、私がもたついてるのでもどかしいんだろうね。
メール読みながら
そりゃ、私だってもたつきたくないよ。。。と思う。
送ってもらったサイトチェック。

今気に入っているPVを見ながら泣く。
4月7日に私の誕生日花見があるのでそれまで頑張る。

今日はアトリエに行かなかった。
自分の最近の奇行を日記に素直に書いて消化する。
[PR]
by moutheau | 2007-03-19 00:42 | 制作風景

確定申告

昨日VOCA展のオープニングに行く。
色んな人がいていい出会いもあり面白かった。

今日確定申告に行く。
思ったより還付されない模様。

最近かねてから読みたかった
金城さんの作品を読んだ。
登場人物の「舜臣」(在日でけんかが強く、頭いい)の物の見方と
私の物の見方がかぶってる。
e0075621_10401555.jpg新しく「ダディ、フライ、ダディ」を読み始める。

遠藤周作「深い河」
      「悲しみの歌」
金城一紀「レボリューションno.3」
[PR]
by moutheau | 2007-03-15 10:41 | 制作風景

最近

e0075621_14401943.jpg
最近時間のやりくりがうまくできず、
何もしていないのに睡眠二時間。
要領悪すぎ。。。
[PR]
by moutheau | 2007-03-09 14:40 | 制作風景

呼吸について

今日は呼吸がかなり浅くて苦しかった。
と、言う事はイコール、思考も浅くなる。
e0075621_0272714.jpg


最近ヨガを形だけ軽くしているのが原因のようだ。
今日は少し集中してやってみよう。
[PR]
by moutheau | 2007-03-04 00:36 | 制作風景

珍しく

珍しく三日ほど体調が悪かった。
すれ坊も体調悪かったらしいから
多分前日に食べた中華か?紹興酒?はたまた食べ合わせ問題の様だ。

今日アトリエのスペースをkskさんと交換した。
広いスペースにお引越し。
頑張るのだ。

午後ICCの OPEN SKY展を観に行く。
面白くはなかったが凄く胸打たれるものがあった。
ドキュメント映像を最後まで観たかったのに
手振れが酷くて酔った。。。気持ち悪くなってその後投げやりに観てしまった。
テクノロジー系展示が多く、目がチカチカしたが展示自体はよく
展示を案内する女の子達が可愛かった。
八谷さんが
「子供に出来る貢献は大人って素敵って思わせることだよね」
「僕は芸術やってんだからこのプロジョクトも観てもらわないと意味がない。」って
言ってた事が心に残る。
八谷さん首太い。。。かっこいい。。。

その後、ただ券をもらってしまったが為に行かなければ行けなくなった
「世界蘭展」を観に行く。
ここで断っておくが私の怖いと思う花は 「蘭」 と 「ゆり」 だ。
蘭がドーム中にあるって想像がつかない。
恐る恐る入場してみる。。。
おばさんと、かつらのおじさんばかりだ。
匂いが鼻をつく。とりあえず蘭を怖いと思う訳を探るべく蘭を凝視。
色んな種類があってどの種類もとりあえず怖い。
あの下花びらの顎の様な物が怖くて観れない。
観れないのでデジカメに撮り帰ってPCの「絵の資料・怖いもん」フォルダに入れようと思う。

命がらがらドームを後にし
カフェで「深い河」を読む。
読みながら外を見ると
おぼろげに見える月が店内に響くボサノバと混ざり心の奥から何か湧いてくるのを感じる。
「深い河」の第一話目にシャーリー・マクレーンの話が載っている。この前読んだ本だ。
読み終わって、次が読めないくらい灰色の物がのしかかってきて呆然とする。
[PR]
by moutheau | 2007-03-02 22:14 | 制作風景

メモ帳

最新のトラックバック

人を信じるということ
from 地球人スピリット・ジャーナル
☆もう一人の自分☆
from 生日記
迷惑トラバでお困りの方へ
from Blog技術委員会
新サービス!迷惑トラバを..
from トラックバックセンター

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧