人を見つめる 墨の旅


りすん麗 制作モロモロ
by moutheau
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2009年コンセプト(精神を焼かれないためのカタルシス)

コンセプト

*人は人を愛したいと思い、人から愛されたいと思ってる、
これは否定できない事実なのではないでしょうか?

愛の形には、
友愛、兄弟愛、恋愛、家族愛、国家に対する愛、人類愛。。。など色々な形態があります。
それはとても不確かで一度、距離を間違えてしまうとお互いがとても滑稽な人に見えてしまいます。
愛の与え方を間違え続ける人と、それに気づきつつ修復できない人を主に描いています。
一度間違った関係の修復は至難の業で人と人の間で狂ってしまった歯車を治すのはとても難しいのです。

そんなすれ違いから出来た心の不安を人はどう解消するのでしょう?
物を買う?
お金に貪欲になる?
お金で人を釣る?

人で受けた傷を復帰するには、お金や他の事ではないように思います。
人で癒され、人の中で解消されるしか道はない。。。
愛の与え方を誤った人と人が、その上の不安からできた心のシコリを「浄化」させ
もう一度傷つくかも知れないが奮起してみようという直前の姿を描いています。

絵の中では目は泣き、カタルシスを促し
口元はいまだに浮ついた言葉を発してしまっている人間を描いています。
[PR]
by moutheau | 2009-01-01 03:41 | コンセプト

メモ帳

最新のトラックバック

人を信じるということ
from 地球人スピリット・ジャーナル
☆もう一人の自分☆
from 生日記
迷惑トラバでお困りの方へ
from Blog技術委員会
新サービス!迷惑トラバを..
from トラックバックセンター

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧